容姿を超えて

容姿を超えて

まだ若すぎると誰もが考えるという理由で、関係を解消してしまうかも知れません。
出会ったばかりでそれほど精紳的に深く結びついていない二八歳同士のふたりが、まわりの友人たちがみな結婚しているからという理由で結婚することもあるでしょう。

デートは、お互いが相手と恒久的な関係を築いてゆけるかどうか恥をテストし、試す機会なので、別れもはじめからある程度予測されています。最初はわずかなテストしか成功しませんし、ときには関係がそれほど満足できるものでないことを期待すらするはずです。

平均的なアメリカ人の学生は、二二歳までに三~四人と真剣な「愛情」関係を経験しているのです。誰かとデートしているとき、私たちは常に自分たちが物事に対する態度や価値観を共有できるか、人間性に共通点を持っているかどうかを知ろうとします。

相手が自分と似た生い立ちかどうかに始まり、自分が重要だと考えるいくつかの事柄を、相手がどう思っているか話し合ったりします。最初に相手に惹かれるのがその容姿のせいだったとしても、すぐに相手の信念や、ふたりがどれくらい上手くやってゆけるかといった要素の方が、容姿よりもずっと大切になります。

あなたがパートナーに何を求めているかは、その関係がうまく行くか、そしてどのぐらい続くものかを明らかにするでしょう。もしあなたがパートナーの窓姿や経済力にこだわり続けていれば、結果は不安定な関係ばかりになるはずです。

参考:結婚相談所 比較

パートナーに何を求めているか

パートナーに何を求めているか

長続きする関係を求めているなら、美しい顔や高級車よりも、出会い相手の恒久的で本質的な要素に目を向けるべきです。

容姿とステイタスを超えた複雑な人間そのものが、また考え方や態度や物の見方を共有しているかどうかの方が、相手が自分のパートナーとしてふさわしいかどうかを知る鍵としてはずっと信頼のおけるものだからです。

私たちが常に自問するのは、「私たちは恋におちるのかしら?」ということでしょう。実際には、仲よくやってゆくだけの共通点があるかどうかを知るために、私たちはベアで行動するのです。つまり、カップルとして互いが相手のプラスになるのか、もしずっと一緒に暮らしていくなら、どちらかが稼いでどちらかが家庭に入るというような役割を決めるのか、それに養成し合えるのか、というような点を理解するためにです。

私たちは、誰もまったく同じような視野を持っているわけではありませんが、世の中の出来事を似たように解釈し、反対の考えを持つ人々よりも私たちの解釈をより理解してくれる人物は、私たち自身の考え方を肯定するし、ふたりが上手くやってゆくのも楽になります。

だからといって、違いが常に魅力的でないというわけではありません。ただ、基本的に好きではない人をなぜか好きになってしまう場合、私たちがその人物としょっちゅう一緒にいて、互いの背景に何か共通している考えや思想を見出せたという状況がともなっていることが多いものです。

出典:出会い

気が合うふたり

気が合うふたり

同じように、似たもの同士でも、似ている部分が自分自身で嫌だと思っている点なら、相手をそれほど好ましくは思いません。たとえば内気な人は、内向的な人よりも外交的な人に魅力を感じるものです。気が合うということは、安定した関係を築くにはいい土台なのです。そして出会い関係を築き上げパートナーになるわけです。

私たちがパートナーとしての要素に何を求めるかという研究では、男性は女性の肉体的要素・若さ、美しさやスリムであることをより重要視し、女性は男性の物質面や表現能カ・経済力、学歴や率直さ・に関応を示すという結果が出ています。

パートナーを選ぶ際に肉体が影響を及ぼすことは、どの社会でも認識されています。大半の社会で優れた容姿は賞賛されますが、パートナー選びにおいては明らかにほかの重要な要素が影響しています。もっとほかに、愛情深く思慮があり、優しくて明るくておおらかで、もっと頭がいいかユーモアのセンスがある人をパートナーにすることはできないかしら、と私たちはその人の美点を他のパートナー候補と比べたりします。

関係が発展してゆくにつれて、最初に私たちを惹きつけたものの重要性は下がってきます。ある人物を魅力的にする究極的な要素は、その人が私たちと同じ視点で世界を見ているということで、そうした視点を共有することは長続きする関係に欠かすことのできない要素だからです。態度はこの一部に過ぎません。

参考:出会い系 サクラいない

パートナー選びに重要な要素

パートナー選びに重要な要素

私たちはできる限り出会い魅力的な人とペアになろうとしますが、同時に相手も自分に魅力を感じそうな範囲の中で選択するのが現実的です。もし、自分よりずっと魅力的で裕福で頭の良い人がいたとしても、私たちはおそらくそれほど関心を払わないでしょう。

☆関係の長いカップルの多くは、最初の頃にお互いを引きつけ合っていた感情のたかまりを失ったと感じています。しかし、カップルという関係のロマンチックな側面をあまり理想化しすぎるのは、安定した関係が持つ満足感を与えるという側面を過小評価しているのかもしれません。

異性間に突然沸き起こる惹かれ合いの感情は、しばしば不可解な「化学」だと言われます。研究者たちはこの現象も含め、肉体的な魅力が生む複雑な相互作用が「出会い」に与える影響から、私たちが一般的な社会概念にどの程度支配されているか、研究を重ねたのです。

何がふたりを惹きつけるのか、私たちはそれぞれのセオリーを持っています。「好きという気持ちが好きを呼ぶ」とか「自分と逆の魅力」などと言ったり、「一緒に溺れゆく」興奮を語ったりします。自分に合った相手を見つけるもうひとつの決まり文句は、ふたりには共通点が多い、というものです。

似たような生活背景や学歴を持つ人々と知り合うのは、そうでない人とよりもありがちだし、似たような興味の対象や人格について言えば、自分たちの相違点を探すのはデートの楽しみの大きな部分です。

出典:結婚相談所 選び方

何がふたりを惹きつけるのか

何がふたりを惹きつけるのか

誰もが理想のパートナーを夢見る一方で、私たちはふつう自分と同程度の肉体的魅力と社会性を持つ相手にもっとも関心を抱きます。これは、拒絶と落胆から自分自身を守る方法なのです。

出会い、互いに惹かれ合う感情はいくつかの段階を通り抜け、その度に私たちはより自分自身をさらけ出し、深く理解し合うようになります。相手の考え方や感情を受け入れ、世の中を似たような視点で見ていると感じるようになると、より深いレベルで惹かれ合うようになります。これは、私たちが親密な対人関係を必要とする主な理由の一つなのです。

人間は、健康であったほうがのぞましい、ということはじじつです。しかし、結婚はスポーツではありません。
健康であることをはるかに越えた、ひとつの大事業であるとさえいうべきものなのです。それに、結婚前の健康状態が、ながい結峨生活のあいだじゅう、
そのままであるとはかぎらないことをおもえば、健康を第一に考えるということが、結婚相手選択の条件として、いかに頼りないものかはわかろうというものです。
たとえ、肉体的健康はそこなわれていても、幸福な結婚生活を送っているひとも、けっして少なくはないでしょうし、
逆に、肉体的健康は完全であっても、不幸な結婚生活を送っているひとも、けっして少なくないでしょう。
このことは、健康が、結婚生活にあるていど影響を与えることは否定できないとしても、結婚の相手をえらぶときの第一条件とはなりえないことを示しています。
もし、健康がのぞましい条件であったとしても、肉体的健康よりは精神的健康のほうが、はるかに重要な条件であることも、忘れぬようにしなければなりません。
そして、その精神的健康のなかに、結婚についての正しい考えがふくまれるなら、そのときにこそ、その健康が結婚相手選択の第一条件とみなされるべきである、ということになるでしょう。

参考: